その保険本当に必要?無駄な保険に入らないためのポイント

その保険は本当に必要か、無駄な保険に入らない為のポイントを知っておきましょう。

病気になる前に支払いが負担で貧乏にならないように見直そう

テレビコマーシャルなどでも保険のコマーシャルは頻繁にやっているので、終身保険、がん保険、学資保険など複数の種類があるのは大まかには知っていても、詳しく把握していないと言う事はないでしょうか。 何が無駄なのかを判断する為にも、まずどんな保険の種類があるのか確認する事も大切です。

内容把握は自己責任でもあります

保険に加入したほうが良いタイミングを迎えて、何となく言われるがままの内容で契約している人も実は多いのではないかと思います。 契約時に契約内容の詳細を厚い冊子でもらいますが、じっくり読まずにしまっていて、保険証券すらまともに見ていないと言う人も多いようです。

その、万が一の想定は正しいのか見直そう

あなたの年齢と性別から、この内容がオススメですと言われて加入したものの、良く考えたら必要ない内容だったり、その人にとっての万が一の備えが不足している場合があるので確認が必要です。 万が一は年齢や性別だけでなく、家族構成やライフスタイルでも大きく違うはずですね。

保険ってそもそも何なのか確認しよう

住宅費用などと並び、保険の費用は毎月の出費の中で負担が大きいと言われています。

社会人になったり、家族を持った事をきっかけに何かあった時を考えて保険に入ったものの、毎月の支払いが正直キツイという話も聞きます。
いざと言う時の為だったのしれませんが、毎月の生活をひっ迫してしまうのでは意味がありません。

月々の支払いが高くてあまり深く考えずに、勤め先で保険の担当の人に勧められたから、自宅訪問で勧められたから保険の内容も言われるがままに加入してしまっているかも知れません。

支払いが大変だと解約も視野に入るかと思いますが、その前に加入している保険の内容を確認してみて下さい。
加入内容をお任せにしたままで内容を把握しておかないと、保険を使おうと思った時に、契約プラン外なので適応外で保険が使えない場合もあるからです。
それでは何の為に月々頑張って支払いをしたかわからないし、その分いざという時の為に貯金で残しておいた方が良かったかもと後悔するかもしれません。

その人物の年齢や立場、ライフスタイルによって適正な保険内容は変わってきます。

想定される全てのいざと言う時に備えるには高額になってしまいますから、想定されるいざと言う時の内容のポイントを絞って考えてみましょう。

子どもなら、学資保険に加入する事がほとんどかもしれませんが特約にガンなどの重篤な病気の保証をつけるよりも自分が怪我をするだけでなく、自転車で転んだ時に人や物を傷つけてしまう事故を起こす方がリアルに考えられる心配ですね。

死亡保障も家族全員に必要なのか考えてみてはいかがでしょうか。
いざと言う時はどんな時なのか検討してみましょう。