その保険は本当に必要か、無駄な保険に入らない為のポイントを知っておきましょう。

>

病気になる前に支払いが負担で貧乏にならないように見直そう

保険請求が必要になるのはどんな時

実際に保険請求が必要になる時とはどんな時なのでしょうか。
人生何が起こるかはわからないにしても、ある程度絞って考えて、それ以外の備えは貯金で補うのも方法です。

高額の保険料を支払っていても、入院が長期になった場合でも保険適応の期限が決まっていたり、入院初期にICUにいた場合、プランによっては差額別途代は負担されない場合があり、結局は実費になる事もあります。

もし、入院時にかかる費用や手術費の保証を手厚くしたいと考えるなら、保証されないプランでは何のために入ったのかわからなくなります。
いざ使おうと思って保険会社に問い合わせしたら、加入のプランでは対応できませんと言われてしまう事も良く聞くので今のうちに調べておきましょう。

自分が保険を使いたい時はどんな時なのかリアルに考えてみるのも大事です。
それを補う内容のプランなら必要な保険だと言えるでしょう。

保険が使えたら安心な時

死亡保障は保険でも代表的なプランではありますが、リアルに現実を考えた場合、家族全員が加入する必要はあるのかという疑問も起きてきます。

例えば小さい子どもが居たり、専業主婦の妻がいる場合には稼ぎ頭の夫が入院したり亡くなる事があれば、金銭的にも生活に困る事になるので入院保障を手厚くしたり、死亡保障をつけて、家族が金銭的に困らないように備えておくのも大事かと思います。
何かあった時に、その人がいないとお金に困るなら保証は手厚くしておくのも安心でしょう。
しかし、子どもや専業主婦の奥さんの場合、亡くなってもお金に困ると状況ではないかと思うので、毎月の保険料を支払って死亡保障を付つける必要はあるのでしょうか。

出産を考えているなら、帝王切開で手術するかもしれない、子どもがいるなら外遊びや通学で怪我をするリスクの方がリアルです。